海外WiFiレンタル

国内・海外で使えるU2sの機能とは?デメリットや注意点までまとめました!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
国内でも海外でもSIMカードなしで使えるWiFiがあるってホント?

うさぎくん
うさぎくん
うん!調べてみるとGlocalNetとかGlocalMeのルーターがでてくるよね!

最近は国内でも海外でも使えるWiFiルーターが徐々に増えてきています。

調べてみるとGlocalNetやGlocalMeといった会社がでてくるのですが、どちらもU2sといった国内でも海外でも使えるWiFiルーターを取り扱っています。

クラウドWiFiというSIMカードなしで使えるWiFiルーターというところで人気を集めているようですね!

当記事では、GlocalNetとGlocalMeの違いやU2sのスペックや口コミ評価などをまるっと解説しますのでぜひ参考にしてみてください!

▽今月のキャンペーンはこちら▽

GlocalMeとGlocalNetの違いとは?

U2sを検索するとGlocalMe(グローカルミー)やGlocalNet(グローカルネット)がなにやら取り扱っているようですが、違いはなんなのでしょうか。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
あんまり調べてもわからなかったけど。。

GlocalMeという世界対応WiFiルーターは、香港のucloudlink(ユークラウドリンク)社が製造していますが、その中のルーターの一つにU2sがあります。

GlocalNetはGlocalMeの正規代理店としてルーター本体と通信プランを一緒に販売しています。

GlocalMeとGlocalNetの違い

  • GlocalMe・・香港のucloudlink社が製造するクラウドWiFiルーター。
  • GlocalNet・・日本で販売を行うGlocalMeの正規代理店。
うさぎくん
うさぎくん
どっちもルーターは同じってことだね!

GlocalMeとGlocalNetはどちらからでも契約はできますが料金プランなどは全くの別物です。

また、U2sを取り扱うWiFiレンタル会社もあり、国内でも無制限プランを取り扱っている会社もありますのでのちほどご紹介します。

U2sのスペック詳細

製品名GlocalMe U2s
製造元ucloudlink社
発売日2018年8月
最大速度(下り)150Mbps
最大速度(上り)50Mbps
重量約151g
サイズ127×65.7×14.2mm
バッテリー3,500mAh
通信時間約13時間
最大接続台数5台
カラーゴールド・グレー

U2sはクラウドWiFiに対応したモバイルルーターです。

このクラウドWiFiという技術によって国内でも海外でもSIMカードを差し替えることなく利用することができるんですね!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
クラウドWiFiってあんまり聞いたことないけど・・?

U2sが対応しているクラウドWiFiとは

通常はモバイルルーターにSIMカードを差し込むことでネットを使うことができます。近くの電波塔から電波を受信できるようになるわけですね。

ですが、U2sに搭載されているクラウドWiFiという技術は、SIMカードもクラウドサーバー上にあるのでSIMカードを差す必要がありません。

ぼくたち利用者の通信場所によって、クラウドサーバー上にある最適なSIMカードを自動で選び、最適なネット回線をつなげてくれるイメージです。

うさぎくん
うさぎくん
SIMカードはデータ化されていて、ネットに保管されてるっと考えるとわかりやすいね!

つまり、海外対応のSIMも差し替えなしで使えるというわけですね。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
う~む。。よくわからないけどすごい技術だね!

U2sの通信速度

通信速度
(下り)
150Mbps
通信速度
(上り)
50Mbps

実際にU2sのスペックについて確認していきます!

U2sの通信速度は国内の最新ルーターと比べると低いですが、LTE回線に対応しています。

スペックをみると物足りないと感じますが、後でご紹介する口コミ評価をみても国内で動画を視聴するにしても十分な速度がでています。

実測値は国内モデルと大きく差があるわけではないのでご安心ください。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~WiMAXより少し遅いくらいなのかな?

うさぎくん
うさぎくん
そうだね!アップロード速度はむしろU2sの方が出るんじゃないかな!

U2sのバッテリー性能

U2sのバッテリーは3500mAhと大容量で、約13時間の連続通信時間が可能です。

海外対応モデルはバッテリー持続時間は重要視したいところですが、U2sのバッテリーは十分といえます。

例えば、WiMAX(ワイマックス)の連続通信時間は約9時間なので、U2sはバッテリー性能が優れているといえます。

U2sの接続台数

U2sの最大接続台数は5台です。

国内モデルのモバイルルーターはだいたい10台は接続できるので、やや物足りないですが家電などで使わない方はあまり気にならないかと思います。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
一人で使う分には問題なさそう!

U2sの口コミ評価は評判は?

U2sを利用している方の口コミ評価を集めてみました。

口コミ評価からスペックではわからない実際の通信速度や使用感がわかりますので、確認してみるとわかることも多いですよ。

U2sでの実測値ですが、LTE回線とあって安定した通信速度がでています。実際に動画などを視聴するために必要な通信速度は以下のとおりです。

動画視聴などに必要な通信速度

  • メールの送受信:0.5Mbps
  • youTube【普通画質】:0.7Mbps
  • Huluなどの動画ストリーミング【高画質】:5~10Mbps
  • オンラインゲーム:5Mbps
  • 4K画質動画:20Mbps

U2sはスペックこそ低いですが、これだけの実測値があるので無制限プランなどであれば国内での固定回線としての利用も問題ないといえます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
あんまりスペックはあてにならないんだね!

U2sのデメリット・注意点

ここではU2sのデメリットや注意点についてご紹介します。

  • ディスプレイがないので最初は操作はしづらい
  • 最低限の機能しかない

U2sのデメリットをあえてあげるとすると、ディスプレイがないことやカスタムできる機能があまり多くないことですね。

国内モデルはほとんどのルーターがディスプレイをタッチ操作できるのですが、U2sはスマホやPCからアクセス画面に接続して操作をします。

引用:【公式】UQ WiMAX/W06

また、U2sには通信パフォーマンスを制限してバッテリー持続時間を調整できるといった細かい機能はありません。

自分でいろいろカスタムしたい方には物足りないかもしれませんが、シンプルなのでわかりやすいともいえますね。

うさぎくん
うさぎくん
ここは個人の好みだけどね!ぼくはシンプルでも全然いいかな!

U2sのお得な契約方法

国内でも国外でも使えるU2sは、サービス元のGlocalMeや正規代理店のGlocalNetからも契約できますが、WiFiレンタル会社で契約する方がお得なプランがあります。

国内完全無制限のどんなときもWiFi

引用:【公式】どんなときもWiFi
お知らせ
どんなときもWiFiはU2sからD1へと機種が変わりましたが、機種の見た目やスペックは変わりません。

U2sを利用する場合、一番おすすめの契約先はどんなときもWiFiです。

クラウドWiFiによって、国内ではドコモ・au・ソフトバンクのすべてのLTE回線に対応していますし、何より完全無制限で利用することができます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
トリプルキャリア対応はすごいね!

どんなときもWiFiは、月額は3,480円の2年契約となっていますので、3年契約のWiMAX(ワイマックス)よりリスクをおさえて契約できます。

GlocalMeやGlocalNetでは、約2万円のU2s本体を購入する必要がありますし、国内で完全無制限には使うことはできません。

対して、どんなときもWiFiはレンタルなので端末代金は無料なんですね。

月額料金も安く、エリアが充実していると圧倒的にコスパがいいのが、このどんなときもWiFiというわけです。

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもWiFiについてさらに詳しい内容は別記事にまとめていますので参考にしてみてください。

どんなときもWiFiは完全無制限!特徴や口コミ評価、デメリットを解説! WiMAX(ワイマックス)であればau回線といったように、モバイルルーターは基本的に1つの回線しか使うことができません。 ...

おわりに

国内でも海外でも使えるクラウドWiFiのU2sについて解説しました。

現在はクラウドWiFiに対応したルーターは多くありませんが、今後はこちらがメインとなってくるでしょう。

SIMカードの差し替えがいらないので、どんなときもWiFiのように各キャリアのLTE回線を使えるといったことも可能になっています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
うん!クラウドWiFiって魅力的だね!

うさぎくん
うさぎくん
そうだね!U2sを取り扱ってるWiFiレンタル会社も増えてきてるよ!

U2sを検討している方は、当記事をぜひ参考にしてみてください!

なお、WiMAXのおすすめプロバイダをまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

WiMAXおすすめプロバイダ5選比較!|2019年11月版WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットを確認したら、いよいよWiMAXの申し込みですね。 WiMAXは、サービス元の...