WiMAXの最新ルーターの機能と口コミ評価を解説!迷わずに機種を選べる!

WiMAX(ワイマックス)のメリットデメリットが確認出来たら、WiMAXのルーターを選びましょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ルーターかぁ・・WiMAXってどんな機種があるのかな?

うさぎくん
うさぎくん
最新機種は毎年発売されるんだよ。スマホほど種類はないけどね!

WiMAXは、基本的にモバイルルーターとホームルーターだけとなります。

WiMAXのルーター選びは、スペックだけを見て決めてしまうと後悔することが多いです。

当記事では、WiMAXのルーター選びのポイントや機種の特徴、口コミなどをまとめました。

これを読めば、WiMAXのルーター選びで迷うことはなくなりますので、ぜひ参考にしてみてください!

▽今月のキャンペーンはこちら▽

この記事の目次

WiMAXルーターの選び方

うさみくちゃん
うさみくちゃん
スマホとかもそうだけど、機種をどれにしようっていっつも決められないんだよね!

うさぎくん
うさぎくん
そういう時は口コミをもとに決めるのがいいよ!

実はWiMAXの通信速度を考えると、どの機種を選んでも全く問題ありません。

WiMAXのメリットでもご紹介した通り、5~10Mbps以上の速度があれば動画を快適に観れますし、実はどの機種であっても体感速度はほとんど変わりません。

実際の通信速度を比較した記事もありますので、参考にしてください。

WiMAXルーターW05・WX04・L01sのおすすめ機種は?口コミ評価などもまとめました! 実際にWiMAX(ワイマックス)を使ってみようと思っても、結局どの機種がいいのか迷っている方も多いかと思います。 スペックだけ...

WiMAXでは2017年から発売されている機種全てが最大通信速度「440Mbps以上」となります。

WiMAXの機種を選ぶ基準は、通信速度よりも口コミをもとにした「使い勝手」、「受信感度」、「不具合の有無」などを参考にしましょう。

WiMAXはスペックで選ぶより、口コミをもとにした実際の通信速度や使用感、不具合の有無などを参考にしましょう。

W06の機能と口コミ評価

HUAWEI(ファーウェイ)が製造する最新機種W06は、通信速度(下り)が1.2Gbps光回線並みのスペックがあります。

WX05と同様にビームフォーミング搭載により、接続端末に効率よく電波を飛ばすことで受信感度がアップしたほか、前モデルW05よりバッテリー性能も向上しました。

W06の主な特徴

  • 最大通信速度(下り)は1.2GbpsとWiMAX史上最速
  • 高性能ハイモードアンテナ・ビームフォーミング機能による受信感度アップ

ここではW06の特徴やおすすめできる機能を中心にご紹介していきます。各モデルのスペックについては表を参考にしてみてください。

W06の通信速度

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

W06の最大通信速度(下り)は1.2GbpsとWiMAX史上最速のモデルです。

この1.2Gbpsという数値は、USB接続でかつハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)を併用した場合のパフォーマンスであることはおさえておきましょう。

また、最大通信速度(上り)は75Mbpsと前モデルW05の112.5Mbpsを下回っていますが、実測値においてはほとんど差がないと考えて大丈夫です。

通信速度の下りと上り

  • 下り・・・受信のこと。画像のダウンロード、動画を視聴、メールの受信など
  • 上り・・・送信のこと。画像をSNSにアップロード、メールの送信など

W06のバッテリー性能

W06のバッテリー性能は前モデルのW05よりやや向上しています。

家の中ではハイパフォーマンス、外ではスマートやバッテリーセーブを使い分ければ、バッテリー切れといったこともほとんどないスペックといえそうです!

バッテリーセーブモードは最大速度(下り)が220Mbpsになり、W06のパフォーマンスを抑えて、バッテリーの持ちを向上させる機能ですね。

それぞれのモードによる通信可能時間は以下の通りです。

W06のバッテリー持続時間

  • ハイパフォーマンスモード・・・約7時間10分
  • ノーマルモード・・・約9時間
  • バッテリーセーブモード・・・約11時間40分

W06の端末接続台数

W06の端末接続対数は16台と今まで発売されてきたWiMAXのモバイルルーター(10台)より多いです。

家電なども無線LAN接続が増えてきていることを考えると、二人以上で利用する場合は10台では足りなくなることもありますので、これはうれしいですね!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
なるほど。たしかに多いに越したことはないもんね。

W06の新機能:高性能ハイモードアンテナ搭載

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

W06は前モデルのW05にはなかった高性能ハイモードアンテナを搭載することで、今まで繋がりにくかった場所にも電波が届きますので、家の中でもしっかり活躍してくれそうです。

さらにWX05などにもう搭載されているTX ビームフォーミング機能もあり、接続機器に効率よく電波を飛ばすことができます。これにより受信感度が最大20%向上しています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
スペックだけじゃなくて受信感度も向上してるんだね!

うさぎくん
うさぎくん
うん!これでスペックを最大限発揮できるようになるよね!

W06の口コミ評価や評判

ここではW06の口コミ評価をご紹介します。

W06のいい口コミ

W06はまだ実際の使用感は多く出回っていませんが、通信速度はやはりそこそこ速いようです。

また、スマホやタブレット端末のロックがかかると接続が切れてしまう不具合がありましたが、2019年3月7日のアップデートで解消されたようです。

W06の悪い口コミ

W06の悪い口コミでは、最大通信速度(下り)1.2Gbpsが無線接続時にはできないことやクレードルがないということに関して、マイナス意見が多い印象です。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
W06は珍しく不具合もあったみたいだけど直ったんだね!

うさぎくん
うさぎくん
うん!改善されたっていう口コミも見られ始めたよ!

W06の評価まとめ

総合評価

(4.5)
通信速度1.2Gbpsは過去最高のWiMAXモデル。アンテナ搭載で受信感度はアップしたが、不具合もアップデートで改善された。
デザイン

(3.5)
前モデルW05より丸みがあり、男女問わず持てるデザイン。
通信性能

(4.5)
通信速度1.2GbpsはWiMAX最速。受信感度の評価も高い。有線LAN接続ができない点は注意。
操作感

(3.5)
3タップ以内で操作を完結できるので、階層もシンプルでわかりやすい。
サイズ

(3.0)
持ちやすい大きさではあるが、やや大きいという意見もあり。

W06は有線接続したときではありますが、通信速度(下り)が過去最高のモデルであり、受信感度にも期待できます。

2019年3月7日のファームウェア更新(=アップデート)により、Apple製品を中心とした通信が途切れてしまう不具合は改善されたようです。

マイナス評価としては、USB接続時でかつハイスピードプラスエリアモードを利用しないと1.2Gbpsのパフォーマンスはだせないというところですね。

さらに詳しいW06の実際の通信速度や特徴、デメリットや注意点などはこちらの記事を参考にしてみてください!

実際にW06を使ってわかった通信速度やサイズ、おすすめ機能などを解説! 2019年1月にWiMAX(ワイマックス)のW06が発売されました。 最初はiPhoneやiPadなどApple製品の接続が切...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
スペックが高いだけにW06は期待できるね!

うさぎくん
うさぎくん
不具合も解消されたし、W06の利用者も伸びてるみたいだよ!

WX05の機能と口コミ評価

お知らせ

  • ファームウェア(1.5.0)によって接続が切れるバグが発生しやすいようです。不具合のある方は初期化など、前のファームに戻すと改善されます。
  • 2019年6月27日に最新ファームウェア(1.8.0)が公開されています。

NECプラットフォームズが製造する最新機種はこのWX05です。

後で解説するWX04とスペックはほとんど変わりませんが、ディスプレイが大きく操作のしやすいデザインと様々な機能があります。

WX05の主な特徴

  • WiMAXハイパワー対応により、通信速度が最大20%改善。
  • クレードル機能がWX04より強化。
  • Wi-Fiの混雑状況を確認でき、空いているWi-Fiチャネルを選べる。

なお、WX04でご紹介する機能はWX05にも標準搭載されています。ここではWX05の新機能に絞ってご紹介していきます!スペック詳細はこちらです。

WX05の通信速度

WX05の通信速度は440Mbpsとなります。「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2種類の周波数帯域を使えるのですが、「5GHz帯」利用時は最大速度が867Mbpsとなります。

うさぎくん
うさぎくん
WX04とスペック差はなさそうだね!

WX05のバッテリー性能

WX05のバッテリーの持ちは、ノーマルモードで約11.5時間とかなり優秀な数字です。

バッテリー性能に関しては、WX04と同じではありますがWiMAXの歴代機種の中でトップですね。

W06と同じように、3種類のモードが用意されているので、利用環境に合わせて設定できます。

WX05のバッテリー持続時間

  • ハイパフォーマンスモード・・・約8.1時間
  • ノーマルモード・・・約11.5時間
  • バッテリーセーブモード・・・約14時間

WiMAXハイパワー対応により、通信速度が改善

WX05は自宅や建物内部などのWiMAXの電波が届きにくいエリアにおいても通信速度が向上する「WiMAXハイパワー」に対応しています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~なんかすごそうな機能だね!

WiMAXは固定回線としても問題なく使えるのですが、地下など電波が届きにくいエリアが存在します。

そういった場所でもいままでのWiMAXモデルよりも電波状況が向上する機能が搭載されているというわけですね!

うさぎくん
うさぎくん
外で使う人はけっこう便利になると思うよ!

WX05はクレードル機能がさらに向上

WX05はWX04と同じくクレードルに電波増強アンテナが搭載されているので、室内においても通信速度が向上します。

WX05のクレードルは機能がさらに強化され、WX04のクレードルよりも最大10%の通信速度の向上が期待できます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。なかなか魅力的だね~

Wi-Fiの混雑状況を確認し空いているチャネルへ変更できる

うさみくちゃん
うさみくちゃん
これは。。なにがいいの?

WiMAXは2.4GHz帯を利用することができますが、この周波数帯の中にはチャネルが存在します。

ひとつのチャネルに利用者が集中していると、通信速度のパフォーマンスは落ちてしまいます。画像でいうと”1”ですね。

WX05は空いているチャネルを確認・変更ができますので、そのときの最善となる通信環境を選択できるということになります。

うさぎくん
うさぎくん
この機能は5GHz帯では使えないから注意してね!

WX05の口コミ評価や評判

ここではWX05の代表的な口コミ評価をご紹介していきます。

WX05のいい口コミ

WX05は通信速度の向上よりも電波の届きにくい場所などにおける受信感度の向上が感じられますね。

WX05の悪い口コミ

WX05の口コミをみると、前モデルのWX04にあった不具合はありませんが、ファームウェア更新によって通信が切れるバグが発生しているようです。

ですが、2019年6月27日に最新のファームウェアが公開されましたので、アップデートしてみることをおすすめします。

WX05の評価まとめ

総合評価

(4.0)
多機能でデザインも評価が高い。ファームウェア更新による通信が途切れる不具合が発生していたが、現在は新しいファームウェアで修正されている。
デザイン

(4.5)
デザインはWX04とほとんどかわらない。比較的評価は高い。
通信性能

(3.5)
WX04から改善されパケ詰まりなども起きにくいが、ファームウェア更新による不具合が発生していた。現在は改善されている。
操作感

(3.0)
操作感に関しては標準。わかりづらいといったことはなく、感覚的に設定は可能。
サイズ

(3.5)
スッキリした持ちやすい大きさ。やや大きいという意見もあり。

WX05は初めてWiMAXハイパワーという受信感度を向上させる機能が搭載されたWiMAX機種となりますが、口コミを見ても受信感度がよくなったという書き込みも見られました。

通信速度こそW06には及びませんが、受信感度やバッテリー性能はWX05の強みと言えるかと思います。

また、WX05はファームウェア(1.5.0)では接続が切れるというバグが発生していましたが、2019年6月27日に最新のファームウェア(1.8.0)が公開されています。

WiFi接続の改善が組み込まれた更新なので、アップデートしてみると不具合が解消する可能性が高いので試してみましょう。

さらに詳しいWX05の実際の通信速度や特徴、デメリットなどはこちらの記事を参考にしてみてください!

実際にWiMAXのWX05を使ってわかった通信速度やサイズ、おすすめ機能などを解説! 2018年11月にWiMAX最新ルーターWX05が発売されました。 スペックはライバル機種のW06と比べるとやや低いですが...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
WX〇シリーズは多機能だから、結構期待しちゃうなぁ

うさぎくん
うさぎくん
そうだね!機能面は充実してるよね!

W05の機能と口コミ評価

HUAWEI(ファーウェイ)が製造するW05は、W06のひとつ前のモデルになります。詳細なスペックはこちらです。

W05の通信速度

引用:【公式】UQ WiMAX

W05の通信速度758Mbpsという数値は「au 4G LTE」を利用した速さであり、実際のところ普段使いでその通信はできません。

au 4G LTEを利用したハイスピードエリアモードの利用は月に7GBまでと制限があるためですね。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは制限あり!注意点をわかりやすく解説! WiMAX(ワイマックス)は、au 4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードという通信が可能です。 ギガ放題という無...

ただ、ギガ放題で無制限に使える「WiMAX 2+」は最大速度558Mbpsですので、高スペックであることは変わりありません。

うさぎくん
うさぎくん
とはいえ通信速度は参考程度で大丈夫だよ!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
うんうん。通信速度は参考程度だね。

W05のバッテリー性能

W05のバッテリーはノーマルモードで約9時間となります。

利用環境によって変えることができるので、家で使うときはハイパフォーマンスモード、外で使うときはバッテリーセーブモードなど切り替えて利用できます。

それぞれのモードによる通信可能時間は以下の通りです。

W05のバッテリー持続時間

  • ハイパフォーマンスモード・・・約6.5時間
  • ノーマルモード・・・約9時間
  • バッテリーセーブモード・・・約10.5時間
うさぎくん
うさぎくん
外に持っていくことが多い人は、バッテリーの持ち時間は重要なポイントだね!

W05新機能:Wi-Fiお引越し機能

引用:【公式】UQ WiMAX

今まで使っていたWi-Fi接続機器の情報を(SSID、暗号化モード、暗号化キー)の情報をコピーできるため、再設定が不要となります。

こちらの機能は最新モデルのW06やWX05はもちろんのこと、下で紹介するWX04にも搭載されています。

W05の口コミ評価や評判

W05の口コミを集めました。いい口コミと悪い口コミを分けてご紹介します。

W05のいい口コミ

通信速度が速い、縦向きに収納するのに便利といった口コミが多いです。 ルーターとして重要な受信感度の評価も高く問題なさそうでした。

W05の悪い口コミ

デザインや大きさはWX04の方がいいといった声も多かったですね。後は細かい機能性の部分に対しての辛口評価も見受けられました。

W05の評価まとめ

総合評価

(4.5)
デザインも評価はそこまで高くないが、通信速度や受信感度の口コミが高評価。過去モデルだが十分に期待できる。
デザイン

(3.0)
好みが分かれるがWXシリーズの方がいいという口コミが多かった。
通信性能

(3.5)
通信は安定している。ほとんどの口コミで高評価で大きな不具合もなし。
操作感

(3.5)
操作感に関しては標準。設定などは迷わずにできるとの意見も多かった。
サイズ

(3.5)
横長で持ちづらいという意見もあるが、バッグのポケットなどに入れやすい。

今出ている機種の中では、比較的バランスがとれていて評価が高いのがW05です。

デザインや大きさに関してはマイナスの意見もみられましたが、一番重要な通信性能に関してはいい口コミが多くみられました。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~これは高評価だね!受信感度もいいみたいだし!

うさぎくん
うさぎくん
そうだね。不具合の情報も出てこないし間違いなく良い機種だよ!

最新モデルのW06にはクレードルがないので、オンラインゲームなど有線LAN接続がしたい方はこのW05でもいいでしょう。

W05について実際の通信速度や特徴、デメリットなどをより詳しくまとめた記事がありますので、参考にしてみてください。

W05を使ってわかった実際の通信速度やおすすめ機能などをまとめました! WiMAX(ワイマックス)のW05は、スペックが高いこともあって、多くのサイトでおすすめとされていますが、実際の使用感はどうなの...

WX04の機能と口コミ評価

NECプラットフォームズが製造する最新機種はこのWX04です。ディスプレイが大きく操作のしやすいデザインと様々な機能が人気の機種となります。スペック詳細はこちらです。

WX04の通信速度

引用:【公式】UQ WiMAX

WX04の通信速度は440Mbpsとなります。「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2種類の周波数帯域を使えるのですが、「5GHz帯」利用時は最大速度が867Mbpsとなります。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
へぇ~!周波数によって通信速度は全然違うの?

うさぎくん
うさぎくん
5GHz帯は使い方次第で通信速度が速くなるよ!

周波数帯域の詳しい説明は別記事に載せていますので、参考にしてください。

WiMAXの電波が入らない?地下などで繋がりにくい理由を解説! WiMAX(ワイマックス)は建物内部や地下などで電波が届きにくいといった話を聞いたことはありませんか? 最近は、拡張工事も進ん...

WX04のバッテリー性能

引用:【公式】UQ WiMAX

WX04のバッテリーの持ちは、ノーマルモードで約11.5時間とかなり優秀な数字です。

バッテリー性能に関しては、WX05と同様にWiMAXの歴代機種の中でトップです。

WX04もW05と同じように、3種類のモードが用意されているので、利用環境に合わせて設定できます。

WX04のバッテリー持続時間

  • ハイパフォーマンスモード・・・約8.1時間
  • ノーマルモード・・・約11.5時間
  • バッテリーセーブモード・・・約13.8時間

WX04新機能:スケージュール機能により電池持ち向上

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

ライフサイクルに合わせて「休止状態」や「電源OFF」にする設定で、それにより電池の消耗を減らすことができます。

例えば夜の22時に電源をOFF、朝の6時に電源をONにするという設定をしておけば、自分で電源をOFFにしなくても勝手に実施してくれるようになります。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
う~ん・・まぁこれはあんまりかな。

うさぎくん
うさぎくん
・・・

WX04新機能:一時的にau 4G LTEを使える「ワンタイム」機能

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

こちらは、au 4G LTEが使えるLTEオプションにすぐ切り替えができる機能です。

WiMAXの電波が入りにくい場所でも、au 4G LTEであれば通信ができることが多いのですが、LTEオプションは月に7GBの上限があります。

この上限を超えると、ギガ放題でもその月は128kbpsという超低速な制限がかけられてしまいます。(ヤフーのトップページを開くのに30秒以上かかります。)

それを防止するためにすぐ切り替えができるようにトップ画面から操作できるようになっています。また、携帯のアプリからも操作が可能です。

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは制限あり!注意点をわかりやすく解説! WiMAX(ワイマックス)は、au 4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードという通信が可能です。 ギガ放題という無...

WX04新機能:Wウイング+ビームフォーミング機能追加でWi-Fi機能強化

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

クレードル(別売り)を利用した機能です。クレードルについている「Wウイングアンテナ」によってスマホやパソコンなどに電波をしっかり飛ばし、室内でも快適にWi-Fiをつなげます。

WX04ではさらにビームフォーミング技術により、よりWi-Fiの電波を集中して各端末に飛ばすことができるようになりました。

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX/ビームフォーミング
うさぎくん
うさぎくん
実際にこれはかなり通信速度が違うから効果大だよ!

WX04の口コミ評価や評判

WX04の口コミのいい口コミと悪い口コミの代表的なものを集めました。

WX04のいい口コミ

バッテリーの持ちに関しては実際に少し良くなったという意見もみられました。ディスプレイが大きいですが、サイズに関しても大きすぎず女性でも持ちやすいとの声もありました。

WX04の悪い口コミ

口コミ評価の低さは通信性能に関するものが大多数でした。2018年5月のアップデートで多少の改善はみられたようです。

WX04の評価まとめ

総合評価

(2.5)
多機能でデザインも評価が高いが、パケ詰まりが起きやすく、通信が途切れやすい。
デザイン

(4.5)
デザインは比較的評価が高く、見た目で選んだという書き込みもある。
通信性能

(2.0)
パケ詰まりが起きやすく通信が切れやすい。ファームウェア更新で改善されているが、まだ直らないという人も。
操作感

(3.0)
操作感に関しては標準。わかりづらいといったことはなく、感覚的に設定は可能。
サイズ

(3.5)
スッキリした持ちやすい大きさ。W05よりコンパクト。

口コミをみてわかる通りですが、WX04はあまりおすすめできません。

W05とは反対で、デザインや大きさに関しての評価はいいのですが、重要な通信性能の評価がとても悪いです。

WX04の口コミを見ると、接続はできているのにネットができない「パケ詰まり」が起きやすい機種です。

僕自身このWX04も使っていましたが、再起動を1日1回はしないとパケ詰まりが起きていました。

設定を変えることで問題なく使えるようになりました。WX04を検討している方は、よかったら参考にしてください。

【体験レビュー】不具合多発のWX04の設定を変えたら問題なく使える!?設定の変更方法まとめ! WX04は口コミを見ても、デザインやサイズはとても評価が高いのですが、肝心な通信性能に問題が発生しており、価格ドットコムを始...

WX04は、2018年5月のファームウェア更新(=アップデート)によって、通信性能に多少改善がみられたようですが、見送った方がいいかもしれませんね。

また、WX04の実際の通信速度や特徴、デメリットなどを詳しくまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

実際にWX04を使ってわかった通信速度やサイズ、おすすめ機能などをまとめました! WiMAXルーターWX04は、2017年11月に発売されたモデルです。 NECが製造しており、国産だから安心といった意見や安心...

以上、ご紹介したモバイルWi-FiルーターはWiMAXの最新モデルといえるものです。次にホームルータータイプのWiMAXモデルをご紹介します。

L02の機能と口コミ評価

WiMAXにもホームルーター(据え置き型)のラインナップがあります。

こちらはHUAWEI(ファーウェイ)製造のホームルータータイプのWiMAXモデルL02です。99%家でしか使わないという方には据え置き型のWiMAX機種の方がおすすめです。

モバイルルーターとは違いバッテリーではなくコンセントから安定した電源を供給できるため、送信出力も安定していますし屋内型に特化した機能が盛り込まれています!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~なんか楽しみかも!

こちらはL02とWiMAX HOME 01のスペックを比較した表となります。

L02の通信速度

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX

L02の最大通信速度(下り)は1Gbpsと光回線と同じぐらいのスペックがあります。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
これはすごいね!

うさぎくん
うさぎくん
前モデルのL01sは440Mbpsだったからかなり進化したよね!

また、最大通信速度(上り)は75Mbpsと前モデルL01sの30Mbpsを上回っています。

頻繁に画像や動画のアップロードがメインの方でなければ十分な通信速度と考えて大丈夫です。

通信速度の下りと上り

  • 下り・・・受信のこと。画像のダウンロード、動画を視聴、メールの受信など
  • 上り・・・送信のこと。画像をSNSにアップロード、メールの送信など

L02の端末接続台数

 2.4GHz5GHz
接続台数20台20台

L02は2.4GHz帯と5GHz帯の電波を同時に利用できますが、それぞれ20台までスマホやPCなどと接続することができます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
なるほど!それで合計40台まで接続できるわけだね!

うさぎくん
うさぎくん
モバイルWi-Fiルーターだと10~16台までだからすごいよね!

L02の裏側にLANポートが2つありますので、有線接続は最大2台まで可能です。

L02の機能:4本の高感度アンテナ搭載で受信感度UP

引用:【公式】UQ WiMAX

4本の高感度アンテナを搭載することで360度までしっかり電波を飛ばずことができるようになりました。

さらにW06やライバル機種のWiMAX HOME 01にも搭載されているWi-Fi TXビームフォーミング搭載で接続端末を検知し、効率よく電波を飛ばすこともできます。

これにより、電波環境が中~弱の場所でも前モデルのL01sと比べて受信感度が30%向上しています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~スペックだけじゃなく機能面でもしっかり強化してきたかんじ!

うさぎくん
うさぎくん
うん!これはかなり期待できるね!

L02の口コミ評価や評判

ここでは実際にL02を使っている方の口コミ評価をご紹介していきます。

L02のいい口コミ

L02の通信速度に関しては、ツイッターや価格ドットコムなどの口コミを見ても、アンテナやビームフォーミングの効果もあり評価は高い印象でした。

L02の悪い口コミ

現在のところ不具合報告を含めたマイナス評価がありません。

L02の評価まとめ

総合評価

(4.5)
1Gbpsのスペックは魅力。アンテナ搭載により通信機能を強化。口コミ評価も高い
デザイン

(4.0)
白を基調としたデザインは置き場所に困らない。円形で見栄えもいい。
通信性能

(4.5)
スペックだけではなくアンテナを搭載することで受信感度もよくなっている。家の中における実測値も高い。
操作感

(3.0)
画面がないので、説明書は読む必要があるが、ソフトバンクエアーなどと同じ。
サイズ

(3.0)
サイズや重量は標準。ライバル機種のHOME 01の方がコンパクト。

L02はホームルーターとしてはスペックがWiMAX史上最速のモデルです。

高感度アンテナを搭載したことで、L02のパフォーマンスにもかなり期待できそうですね。価格ドットコムの評価もかなり高いです。

また、L02の実際の通信速度や特徴、デメリットなどを別記事にまとめていますので、参考にしてみてください!

WiMAXのL02を使ってわかった通信速度やサイズ、おすすめ機能などを解説! 2019年1月にWiMAX(ワイマックス)の最新ホームルーターL02が発売されました。 L02は発売当初から大きな不具合もなく...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
L02はスペックも高いし口コミ評価も高いね!

うさぎくん
うさぎくん
うん!家で使うならL02はかなりいいんじゃないかな!

WiMAX HOME 01の機能と口コミ評価

こちらはNECプラットフォームズ製造のホームルータータイプのWiMAX機種です。NECモデルは多機能で人気があります。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~なんか楽しみかも!

こちらはL02とHOME 01のスペックを比較した表となります。

WiMAX HOME 01の通信速度

引用:【公式】UQ WiMAX

WiMAX HOME 01の通信速度は最大440Mbpsです。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
あれ・・モバイルルーターの方が通信速度速いの?

うさぎくん
うさぎくん
スペック上はね!家の中に限れば実測値はホームルーターに分があるかな。

HOME 01はLTEオプションも使えますが、WiMAXのモバイルルーターと同じく、月に7GBまでと制限がありますので、使うときは注意が必要です。

WiMAX HOME 01は有線接続が2台まで可能

WiMAXのモバイルルーターだと、クレードルという充電可能な台座を買うと1台は有線接続が可能になるのですが、WiMAX HOME 01は2台まで有線でつなぐことができます。

今はほとんどの機器が無線接続できるのですが、オンラインゲームなどは通信の安定性が非常に重要になるので、そういった場合は有線接続にした方がいいですね。

うさぎくん
うさぎくん
ホームルーターはだいたい2台まで有線接続ができるよ!

WiMAX HOME 01はWiMAXハイパワー対応

引用:【公式】GMOとくとくBB WiMAX
うさみくちゃん
うさみくちゃん
WiMAXハイパワー・・WX05にあった機能だね!

WiMAX HOME 01もこのWiMAXハイパワーに対応しています。

これにより自宅や建物内部などのWiMAXの電波が届きにくいエリアにおいても通信速度の向上が期待されます。

WiMAX HOME 01は高性能Wi-Fi通信が可能

引用:【公式】UQ WiMAX

WiMAX HOME 01はL02と同様2.4GHzと5GHzを同時に利用できます。これはモバイルルーターでは同時利用ができないのでけっこう便利です。

周波数帯域には特徴があるのですが、ざっくりというとこの2つの周波数帯にはこのような特徴があります。

  • 2.4GHz・・・5GHzより速度は落ちるが、電波が回り込んで端末に届きやすい。電子レンジなど家電製品にも採用されている周波数帯なので電波の干渉を受けやすい。
  • 5GHz・・・2.4GHzより直進的で速い通信速度を実現できるが、壁や障害物を回り込むことはできない。家電などの電波の干渉は受けにくい。

例えば、5Ghzでつなぐのは障害物が少ない同じ部屋にある端末だけ、2.4GHzでつなぐのは壁を挟んだ2階の部屋の端末だけと、2.4GHzと5GHzを使い分けしてみてください。

電波の特性にあった使い方をすると、通信速度が変わってきますので、環境に合わせて使い分けてみるといいでしょう。

WiMAXの電波が入らない?地下などで繋がりにくい理由を解説! WiMAX(ワイマックス)は建物内部や地下などで電波が届きにくいといった話を聞いたことはありませんか? 最近は、拡張工事も進ん...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ・・使い分け・・

また、WiMAX HOME 01はワイドレンジアンテナとμSRアンテナを搭載することで通信速度の向上がかなり期待できるようになりました。

うさぎくん
うさぎくん
WiMAXハイパワー、アンテナ、ビームフォーミング技術などなど・・かなり工夫されてるね!

WiMAX HOME 01の口コミ評価や評判

WiMAX HOME 01の口コミ評価を確認してみます。

実際に使ってみて使用感や不具合の有無を確認する上ではとても重要です。いい口コミと悪い口コミで分けてみました。

WiMAX HOME 01のいい口コミ

WiMAX HOME 01は通信性能に関するいい口コミが見られます。前のWiMAX機種より受信感度がアップしたという口コミも確認出来ました。

また、アップロードの速度が速くなったという意見も見られます。

WiMAX HOME 01の悪い口コミ

あまり悪い口コミがありませんでしたが、一部通信が途切れるといった意見もありました。

WiMAX HOME 01の評価まとめ

総合評価

(4.0)
通信機能を強化したモデルで、受信感度もいい。WX05と並び始めて「WiMAXハイパワー」という送信出力を上げる機能が搭載。
デザイン

(4.0)
デザインは比較的高評価だが、L02の方が円形で見栄えはいい。
通信性能

(4.0)
WX04のような不具合報告もなく、通信は安定している。WiMAXハイパワーもWX05より強い。
操作感

(3.0)
画面がないので、説明書は読む必要があるものの、L02やソフトバンクエアーなどと変わらない。
サイズ

(4.0)
重量は比較的軽くかなりコンパクト。ライバル機種のL02よりも一回り小さい。

口コミ評価を見てみても、受信感度もよくアップロードの通信速度はかなり高評価です!

WiMAXは電波がスマホなどと比べると届きにくい性質がありますが、通信性能を強化したモデルというのもうれしいですね。

WiMAX HOME 01の実際の通信速度や特徴、デメリットなどは別記事に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください!

WiMAX HOME 01を使ってわかった通信速度やサイズ、おすすめ機能などを解説! 2018年12月にNEC製のホームルーターWiMAX HOME 01が発売されました。 WiMAX(ワイマックス)のホームルー...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
今回のNECには期待できそうだね!

WiMAXのおすすめルーターまとめ

WiMAXの最新ルーターの機能と口コミ評価をまとめてみました。最後に、この中で特におすすめとなる機種はこちらです。

WiMAXのおすすめルーター

  • 家でも外でも使いたい⇒W06
  • 家の中でしか使わない⇒L02
うさみくちゃん
うさみくちゃん
W06は不具合が直ったからだいぶ期待できるね!

うさぎくん
うさぎくん
うん、スペックは高いし使い勝手もよさそうだからね。

最新機種のW06は不具合もファームウェア更新によって改善されましたし、これからさらに人気が出そうです。

WX05はW06と比べてスペック差はありますが、多機能で受信感度を向上させる機能が盛り込まれているのでおすすめですが、現在はやや不具合がでているので見送った方がいいかもしれません。

また、家の中に限ればL02がおすすめですね!高感度アンテナに加えて口コミ評価も高いので、受信感度が優れた不具合の少ないホームルーターといえます。

気になる機種が見つかったら、こちらの記事を参考に自分に合ったプロバイダを選んでみてください!

WiMAXおすすめプロバイダ5選比較!|2019年12月版WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットを確認したら、いよいよWiMAXの申し込みですね。 WiMAXは、サービス元の...