ワイモバイル

ワイモバイルの701UCは国内・海外両用できる!料金や機能を徹底解説!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ワイモバイルには国内と海外両方で使えるモバイルルーターがあるんだよね?

うさぎくん
うさぎくん
うん!無制限ではないけど、よく海外に行く人にはすごい便利だと思う!

ワイモバイルでは国内と海外両方使えるモバイルルーターがあります。

ワイモバイルの海外対応ルーターは、料金も安く100ヵ国以上に対応していますので、海外出張や海外旅行が多い方にはうってつけです。

当記事では、そんなワイモバイルの海外対応ルーターの基本スペックや特徴、料金、注意点などをまとめました。

この記事を読めば、701UCの特徴はもとより、これから海外に行くときのWi-Fiレンタルの時間や手間を減らすことができるようになるかもしれません!

▽今月のキャンペーンはこちら▽

ワイモバイルの海外対応ルーターとは

引用:【公式】ワイモバイル

ワイモバイルの海外対応ルーターとは、国内・海外両方で使えるポケットWi-Fiのことです。現在のところ、ワイモバイルで海外対応の端末はこの701UCのみとなります。

701UCは国内で7GB、海外で7GBまでのデータ量がありますので、動画を観たりしなければデータ量で困ることもほとんどないでしょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ところで、この701UCは何ヵ国で使えるの?

また、ワイモバイルの701UCは100ヵ国以上で使えますので、アメリカやヨーロッパ、アジア、アフリカなど幅広い地域と国で使うことができます。

うさぎくん
うさぎくん
SIMを差し替えたりしなくていいし、かなり利便性は高いと思うよ!

ワイモバイルの海外対応ルーターの料金

引用:【公式】ワイモバイル

ワイモバイルの海外対応ポケットWi-Fiは、月額3,980円に加えて、海外利用日数×90円で利用することができます。

例えば、701UCを海外で4日使った月であれば、3,980円に4日×90円を足すことになりますので、その月の料金は4,340円ということになります。

海外Wi-Fiレンタルの場合、渡航先にもよりますが1日で1,000円~2,000円が目安なので、国内利用をできることを考えると比較的安いといえますね。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
思ったより全然安い・・!

先ほどご紹介した通り、データ量は国内で7GBまで、海外で7GBまでと分けられています。

これだけのデータ量があれば、海外出張や海外旅行で地図を調べたりお店を調べたりするぐらいなら十分ですし、国内利用であればスマホのパケットもカバーできるとかなり実用的なルーターといえそうです!

うさぎくん
うさぎくん
国内みたいに海外で無制限には使えないけど、サポート役としては申し分ないかんじだね!

ワイモバイルの海外対応ルーターの詳細スペック

ワイモバイルの海外対応ルーター701UCの詳細スペックはこちらです。

最大速度(下り)72Mbps
最大速度(上り)37.5Mbps
バッテリー容量5,350mAh
バッテリー持続18時間
サイズ(mm)65×126.5×19
重さ240g
最大接続台数5台
対応周波数[4G]900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G]900MHz・2.1GHz

ワイモバイル701UCの通信速度

ワイモバイルの701UCは、最大速度(下り)が72Mbpsです。

国内モデルでは440Mbps~1.2Gbpsのモバイルルーターが出回っていることを考えるとスペックはあまり高くないですね。

海外で高画質動画を観るといった用途にはあまり向いていませんが、標準画質動画を観る程度なら問題のない通信速度があります。

ですが、ほとんどの方は海外でグーグルマップを見たり、調べ物をしたり、LINEをしたりする機会が多いでしょうから、通信速度はそこまで気にする必要はないといえます。

  • 下り・・・受信のこと。画像のダウンロード、動画を視聴、メールの受信など
  • 上り・・・送信のこと。画像をSNSにアップロード、メールの送信など
うさみくちゃん
うさみくちゃん
海外で使うときは調べものぐらいなら十分ってことね!

うさぎくん
うさぎくん
うん!全く問題ないしサクサクだね!

ワイモバイル701UCのバッテリー

引用:【公式】ワイモバイル

ワイモバイルの701UCのバッテリーはかなり優秀です!

WiMAX(ワイマックス)を始めとする国内モデルのモバイルルーターでも、スペック上のバッテリー持続時間は12時間以下ですので、海外の移動中にバッテリー切れになるリスクも少ないですね。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~この701UCはかなり実用的だね!

うさぎくん
うさぎくん
海外は移動中に使うことが多いし、バッテリーの容量が大きい設計にしたユーザー目線の製品なんじゃないかな!

ワイモバイル701UCのサイズ・重さ

ワイモバイル701UCのサイズや重さは、厚みがあって重いです。

スマホの2倍程度の重さはありますので、ポケットに入れるには重すぎますね。外ではバッグに入れて使う方がいいでしょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
重いのは少しデメリットだけどサイズは問題なさそう!

うさぎくん
うさぎくん
バッテリー容量が大きいからここは仕方ないかな。

ワイモバイル701UCの特徴:ワンタッチでSIMを切り替え

ワイモバイルの701UCであれば、SIMを差し替えずに国内・海外の切り替えができます。

操作方法もシンプルです。まず、ホーム画面の「その他」をタップします。

その他から「SIM管理」と進み、海外利用なら「クラウドSIM」、国内利用なら差し込んだSIM1またはSIM2を選択すれば終わりです。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
おぉ~めちゃくちゃ簡単だね!

うさぎくん
うさぎくん
うん!設定もシンプルだから、切替で困ることもないんじゃないかな。

ワイモバイルの海外対応ルーターの注意点

ワイモバイルで海外対応ルーター701UCを契約するときの注意点をいろいろ探ってみました。その中で気になる点はこの4つです。

  • ワイモバイルで3年契約が必要
  • 国内利用におけるアドバンスオプション(無制限)の加入はできない
  • 6ヶ月以上海外で利用したデータ量が国内利用より大きい場合、海外データ定額を解除される可能性がある
  • 7GBを超えた場合の速度制限が海外と国内で異なる

ワイモバイルの海外対応ルーターは3年契約

海外対応ルーター701UCに限らず、ワイモバイルは3年契約となります。

海外出張や海外旅行が年に1回もなさそうということであれば、この701UCをあえて契約する必要はないでしょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
たしかにね・・家族間で1台って言うのはアリかもだけど。

うさぎくん
うさぎくん
自分はたまにしか海外に行かないけど、親がよく海外行くとかであれば持ってても便利だね!

アドバンスオプション(無制限)は加入できない

ワイモバイルの国内モデルは7GBプランで契約して、アドバンスオプションに加入することでデータ量を無制限に使えます。

ですが、この海外対応ルーターではアドバンスオプションには加入できませんので、海外・国内ともにデータ量無制限にインターネットにつなぐことはできません。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
海外定額プランってことでだしてるからダメなのかもね。

6ヶ月連続で海外利用が国内利用より多い場合はプラン解除の可能性がある

うさみくちゃん
うさみくちゃん
う~ん・・・どういうこと?

ワイモバイルの701UCは海外定額プランなので、「海外だけでデータ量を使えればいい」と考えている方もいるかもしれません。

ワイモバイルによれば、海外定額プランは日本国内に居住している方を対象にしているプランということなので、海外で継続して利用する方向けではないとしています。

そのため、海外でのデータ消費量が国内のデータ消費量を6ヶ月連続で上回った場合、海外定額プランを解除して、Pocket WiFi プラン 2(国内利用の7GB)にする可能性があるとしています。

「可能性がある」としているので、厳密にその通りにプランを解除されるとは思えませんが、海外に居住して使うといったようなデータ消費に偏りがある場合は、ちょっと危険かもしれませんね。

うさぎくん
うさぎくん
海外と国内を行ったり来たりする場合がいいってことかもね。

ワイモバイルの海外定額プランは7GBを超えた制限が違う

引用:【公式】ワイモバイル

ワイモバイルの海外定額プランは、速度制限の内容が海外と国内で違います。簡単にまとめるとこのような違いがあります。

  • 国内・・7GBを超えると128Kbpsの速度制限
  • 海外・・7GBを超えると64Kbpsの速度制限

国内の速度制限に関しては、ワイモバイルの国内モデルで契約した場合と同じですが、海外利用が7GBを超えるとより厳しい速度制限になるということですね。

また、国内の速度制限に関しては500円で500MBを追加で買うことができますが、海外のパケットを追加で買うことはできません。

翌月1日まで速度制限は解除されませんので注意が必要です。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。注意点もあるけどやっぱり海外定額プランは魅力があるね!

おわりに

ワイモバイルの海外対応ルーター701UCについて基本情報や料金、端末スペック、注意点などをまとめました。

最後に、今までの情報をもとに考えると、この701UCがおすすめとなる方はこのようになります。

  • 海外出張、海外旅行に年数回行く
  • Wi-Fiレンタルが面倒

やはり海外対応ルーターなので、年に数回は海外に行かれる方がおすすめといえます。

また、Wi-Fiレンタルの時間や手間が惜しいという方は、直行直帰できるこの701UCはかなり便利といえますね。

海外出張・海外旅行によく行かれる方はワイモバイルの701UCはおすすめですので、注意点をよく確認してから検討してみてくださいね。

ワイモバイルのほかにも、国内無制限で海外でも利用できるWiFiレンタルも出てきているのですが、その中でもおすすめはどんなときもWiFiですので、ぜひ参考にしてみてください。

どんなときもWiFiは完全無制限!特徴や口コミ評価、デメリットを解説! WiMAX(ワイマックス)であればau回線といったように、モバイルルーターは基本的に1つの回線しか使うことができません。 ...

また、当サイトでは国内利用向けのWiMAXについても解説しています。

20社以上あるWiMAXプロバイダの中でも、おすすめのプロバイダをまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください!

WiMAXおすすめプロバイダ5選比較!|2019年11月版WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットを確認したら、いよいよWiMAXの申し込みですね。 WiMAXは、サービス元の...