初めてのWiMAX

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードは必要?特徴や注意点まで解説!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
WiMAXのハイスピードプラスエリアモードって必要かなぁ?3年契約だと無料みたいだけど・・

うさぎくん
うさぎくん
使う人次第じゃないかな!一概にいらないとは言えないよ。

WiMAX(ワイマックス)はauスマホと同じ電波であるau 4G LTEをオプションという形で使うことができます。

このハイスピードプラスエリアモードは、通常の通信で電波が届かないところでも電波が繋がりやすいといった大きなメリットがあります。通常は月額1,005円ですが、無料で利用できる方法もいくつかあるんですね。

当記事では、このハイスピードプラスエリアモードについて特徴や料金、注意点などをまとめました。

この記事を読めば、ハイスピードプラスエリアモードの使いどころなどがわかりますので、ぜひ参考にしてみてください!

▽今月のキャンペーンはこちら▽

WiMAXのハイスピードプラスエリアモードとは

引用:【公式】au/プラチナバンド

WiMAX(ワイマックス)におけるau 4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードとは、月額1,005円でau携帯と同じ電波の届きやすい周波数帯域をオプションで使えるというものです。

このLTEオプションを利用した通信は、「ハイスピードプラスエリア」と呼ばれています。

  • ハイスピード・・通常の通信方式(WiMAX 2+)
  • ハイスピードプラスエリア・・LTEオプション(au 4G LTE)
うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふつうの通信はハイスピードって言われてるってことね!

また、このハイスピードプラスエリアモードを使うのに事前の申し込みや手続きは一切いりません。WiMAX(ワイマックス)端末がLTEオプションに対応していれば誰でも使うことができます。

うさぎくん
うさぎくん
最近のWiMAX端末ならほとんどハイスピードプラスエリアモードに対応しているよ!

au 4G LTEは電波がつながりやすく対応エリアも広い

auのスマホで使われているau 4G LTEは、プラチナバンドとよばれる電波がとてもつながりやすい周波数帯を使っています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
つながりやすくて最高の周波数帯だからプラチナバンドってわけね!

先ほどご紹介したWiMAX 2+という通常の通信方式は、au 4G LTEよりも高速通信ができますが、建物内部や地下、郊外などのエリアに対しては電波が届きにくい特徴があります。

さっくりまとめるとWiMAX 2+とau 4G LTEはこのような特徴があります。

 WiMAX 2+au 4G LTE
繋がりやすさ
対応エリア
通信速度速いふつう

うさぎくん
うさぎくん
WiMAX 2+の弱点をau 4G LTEが補ってくれるってことだね!

WiMAX 2+も対応エリアはかなり広いですが、auのスマホほどの対応エリアはありません。WiMAX 2+の細かい弱点を補ってくれるのがハイスピードプラスエリアモードというわけですね!

  • ハイスピードモード・・au 4G LTEより通信速度は速いが、障害物などに弱い
  • ハイスピードプラスエリアモード・・WiMAX 2+より通信速度は落ちるが対応エリアはとても広い

ハイスピードプラスエリアモードの料金とは

WiMAX(ワイマックス)のハイスピードプラスエリアモードは、月額1,005円の有料オプションですが、無料となる方法が2つあります。

 ハイスピードプラス
エリアモードの料金
2年契約月額1,005円
3年契約無料
auスマートバリュー
mine加入者
無料

3年契約ならハイスピードプラスエリアモードは無料

2017年ごろからWiMAX(ワイマックス)は3年契約が主流となっています。

3年契約のメリットはなんといっても月額1,005円のハイスピードプラスエリアモードが無料で使えるというものです。

現在はほとんどのプロバイダで3年契約となりますので、通常の契約でハイスピードプラスエリアモードは無料で使えると考えてもいいかと思います。

auスマートバリューmine加入でもハイスピードプラスエリアモードは無料

引用:【公式】au

auユーザーの方が対象のauスマートバリューmineに加入することで、月額最大1,000円の割引が受けられるほか、ハイスピードプラスエリアモードも無料で使うことができます。

このauスマートバリューmineはすべてのWiMAX(ワイマックス)プロバイダが対応しているわけではありませんので、対象のプロバイダはこちらの記事を参考にしてください。

WiMAXも対象のauスマートバリューmineの申し込み方法!プランごとの割引額まで! WiMAX(ワイマックス)の料金は、プロバイダで契約するとUQ WiMAXで契約するより料金が安いです。さらに、auユーザーさん...

ハイスピードプラスエリアモードの対応端末

先ほど、ハイスピードプラスエリアモードは対応のWiMAX(ワイマックス)端末があれば利用できるとご紹介しましたが、最新モデルはすべて対応しています。

これからWiMAX(ワイマックス)を契約される方は、基本的にハイスピードプラスエリアモードが使える端末を選ぶことになりますので、対応端末かを気にする必要はありません。

こちらの記事に、WiMAX(ワイマックス)最新端末のスペックや口コミ評価を載せていますので参考にしてみてください。

WiMAXの最新ルーターの機能と口コミ評価を解説!迷わずに機種を選べる!WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットが確認出来たら、WiMAXのルーターを選びましょう。 WiMAXは、基本的にモ...
うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。ハイスピードプラスエリアモードが使える端末を・・って探す必要はなさそうだね!

ハイスピードプラスエリアモードの使い方

実際にWiMAX(ワイマックス)のハイスピードプラスエリアモードを使いたい場合はどうしたらいいでしょうか。

実はハイスピードプラスエリアモードの使い方はとても簡単です。通常はハイスピードモードとなっていますが、それをハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけです。

  • ハイスピード・・通常の通信方式(WiMAX 2+)
  • ハイスピードプラスエリア・・LTEオプション(au 4G LTE)

2年契約の場合は、切り替えると月額料金にオプション料金1,005円がかかりますので、あくまで必要なときにハイスピードプラスエリアモードを使うようにしましょう。

ハイスピードプラスエリアモードに注意点は?

ハイスピードプラスエリアモードはとても便利なのですが、重要な注意点があります。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
えっ・・こわい・・

ハイスピードプラスエリアモードの利用は月に7GBまで

無制限に利用できるギガ放題プランでもハイスピードプラスエリアモードは月に7GBまでしか使えません。

この制限を超えてしまうと速度制限(128kbps)をかけられてしまう上に、その月はギガ放題で無制限に使えるWiMAX 2+に切り替えても、同じく速度制限の対象となってしまいます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
う~ん、128kbpsって遅いの?

うさぎくん
うさぎくん
致命的に遅いよ。スマホの速度制限と同じだから、経験したことある人も多いんじゃないかな。

ハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎだけは、絶対にやってはいけません。

スマホでヤフーのトップページを開くのに、30秒以上かかるほどの通信速度ですので、正直使い物にならなくなってしまいます。

しかもこの速度制限を解除する方法はありません。月末まで待つしか手がないので、ハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎだけは気をつけてください。

ちなみに、WiMAX(ワイマックス)は3日間で10GB以上のデータ量を消費すると速度制限(1Mbps)がかかりますが、これとは別物となります。

  • 通信量が3日で10GBを超える・・翌日の18時~2時まで1Mbpsの速度制限
  • ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超える・・WiMAX 2+に切り替えても月末まで128kbpsの速度制限
うさみくちゃん
うさみくちゃん
う~ん・・ハイスピードプラスエリアモード怖すぎて使えないんだけど・・

うさぎくん
うさぎくん
最近のWiMAX端末なら、7GBを超える前にお知らせしてくれる機能があるよ!

WiMAX(ワイマックス)のWX04やW05以降に発売した機種であれば、設定した容量に達した時点でお知らせしてくれる機能がついています。

例えば、WX04には下図のようなデータ通信量超過通知機能が備わっているので、容量をあらかじめ設定しておけば、その容量に達した時に自動的に通信を中断する機能も備えています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
これならデータ量をいちいち気にしなくても大丈夫だね!

ハイスピードプラスエリアモードの使いどころ

今までご紹介したハイスピードプラスエリアモードの特徴や注意点などをもとに考えると、使いどころは主に外で使うときということになります。

ハイスピードプラスエリアモードが必要なのは、この項目に当てはまる方です。

  • 通勤・通学で使いたい
  • 地下鉄やビルの内部など電波が届きにくいところでも使いたい
  • 主張や帰省などで地方に行く機会がある

「通勤や通学でもWiMAX(ワイマックス)を使いたい」という方は、一定の場所で使うわけではないので電波が不安定になりがちです。このような場合にハイスピードプラスエリアモードは活躍してくれます。

また、地方などではWiMAX 2+よりもau 4G LTEの方が電波がつながりやすいので、使いどころは多いのではないでしょうか。

逆に、ハイスピードプラスエリアモードが不要なのは、この項目に当てはまる方です。

  • WiMAXを家の固定回線メインで使いたい
  • 外ではたまに使う程度

「WiMAX(ワイマックス)を家の固定回線で使いたい」という方は、基本的に一定の場所でWiMAX(ワイマックス)を使いますので、ハイスピードプラスエリアモードのメリットはあまりありませんね。

ギガ放題で無制限に使える通信はWiMAX 2+(ハイスピードモード)だけですから、ハイスピードプラスエリアモードをメインに固定回線として使うというのは難しいでしょう。

ざっくりとまとめるならこうなります。

  • 外でも使う・・ハイスピードプラスエリアモードはあったほうがいい
  • 基本家の中だけ・・ハイスピードプラスエリアモードは不要
うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。これで使い分けをすればいいのね!

うさぎくん
うさぎくん
うん、ハイスピードプラスエリアモードはいらないと思ったら、基本的には使わなくていいと思うよ!

まとめ

WiMAX(ワイマックス)のハイスピードプラスエリアモードについて特徴や注意点をもとに、LTEオプションが必要かどうかをまとめました。

ハイスピードプラスエリアモードは対応エリアが広いのでとても便利ですが、月に7GBまでと限られていますし速度制限のリスクなどもありますので、よく検討して利用したいですね!

ハイスピードプラスエリアモードを使わないといった方は2年契約を検討してもいいのですが、プロバイダが限られることや契約特典がないなどのデメリットも多いです。

2年契約と3年契約のメリットやデメリットはこちらの記事にまとめてあります。

WiMAXの契約年数の選び方!2年・3年契約の特徴や注意点を徹底解説! WiMAX(ワイマックス)をこれから検討されている方にとって、この2年契約と3年契約の違いが分かりにくいと思います。 それぞれ...

なお、20社以上あるWiMAXプロバイダの中でも、おすすめのプロバイダをまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WiMAXおすすめプロバイダ5選比較!|2019年11月版WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットを確認したら、いよいよWiMAXの申し込みですね。 WiMAXは、サービス元の...