初めてのWiMAX

WiMAXルーターの正しい選び方を実測値や機能、口コミから徹底比較!

うさみくちゃん
うさみくちゃん
WiMAXのルーターってスペックで選べばいいかな?

うさぎくん
うさぎくん
スペックだけでルーターを選ぶと失敗する可能性があるよ!

WiMAX(ワイマックス)を契約するときには、どのようにWiMAX(ワイマックス)ルーターを選ばれていますか?

スペックだけで選んでいる方は、実際に使ってみて後悔してしまう可能性があります。

当記事では、WiMAX(ワイマックス)ルーターの正しい選び方について解説します!

この記事を読めば、WiMAX(ワイマックス)のルーター選びにおいて正しい見方ができるようになりますので、ぜひ参考にしてみてください!

▽今月のキャンペーンはこちら▽

WiMAXルーター選びの3つのポイント

WiMAX(ワイマックス)ルーターを選ぶときに大切なポイントはこの3つです。

  1. スペックで判断するのはバッテリーやサイズ、重さ、デザイン
  2. 通信速度の実測値や不具合の有無を口コミで確認する
  3. WiMAXルーターの機能・特徴
うさみくちゃん
うさみくちゃん
通信速度はスペックじゃダメなの?

うさぎくん
うさぎくん
スペックの通信速度は理論値だから実際の通信速度じゃないんだ。

スペックで判断するのはバッテリーやサイズ、重さ、デザイン

一つ目は、スペックで判断できることを参考にするということですね。

WiMAX(ワイマックス)ルーターのスペック表で確認するのはバッテリー性能やサイズ、重さ、デザインです。

多くの方が通信速度でルーターを選ばれていますが、これは間違いです。

まず、WiMAX(ワイマックス)の最大通信速度というのは、ベストエフォート型といわれるいわば理論値ですので実際の通信速度ではありません。

また、10Mbps以上の通信速度があれば高画質動画も十分に視聴できるので、通信速度に関してはどのルーターでも問題ないといえます。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
そうなんだ・・てっきり最大通信速度が速い機種選べばいいのかと思ってたけど・・

うさぎくん
うさぎくん
もちろん参考にはなるけど、それ以上に大事なのは実測値だと思うよ。

通信速度の実測値や不具合の有無を口コミで確認

二つ目は、WiMAXルーターの口コミを確認します。

WiMAX(ワイマックス)の通信速度の実測値は、最大通信速度がダントツのW06もWX05やL02の通信速度と大きくかわりませんし、家の中でみればL02の方が速いです。

WiMAX(ワイマックス)の実測値は、どの機種も家の中では20Mbps~70Mbps程度です。つまりスペックだけでは、通信速度はわからないということですね。

このような通信速度の実測値や不具合がでやすいといった使用感は口コミからわかることが多いので、機種を選ぶときは必ず口コミをみるようにしましょう。

うさぎくん
うさぎくん
当サイトでは実際に通信速度を測定しているから参考にしてね!

WiMAXルーターの機能・特徴など

最後に、WiMAX(ワイマックス)ルーター特有の機能や特徴などを参考にします。

例えば、WX05で言えばワンタッチで通信モードをハイスピードからハイスピードプラスエリアに変更できるワンタッチ機能があったり、別売りのクレードルには電波増強アンテナがついています。

こういった特徴は、ご自身がWiMAX(ワイマックス)を使う場面で便利ということであれば、WiMAX(ワイマックス)のルーター選びの一つのポイントといえるでしょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。通信速度の最大速度はそこまで当てにしちゃダメってことだね!

  1. スペックで判断するのはバッテリーやサイズ、重さ、デザイン
  2. 通信速度の実測値や不具合の有無を口コミで確認する
  3. WiMAXルーターの機能・特徴

この内容をもとに実際に見ていきましょう。

WiMAXルーターのスペック比較

新しいモデルに絞ったスペック表となります。

通信速度はW06が圧倒していますが、先ほどご紹介した通り実測値はどの機種も大きくかわりません。

また、こちらはホームルータータイプのWiMAXモデルです。屋内型専用なのでバッテリーなどはなく、コンセントに差し込んで使うタイプとなります。

WiMAXルーターのバッテリー性能

バッテリー性能は外でもWiMAXルーターを使う方にとっては、かなり重要なポイントですね。ホームルーターなどはバッテリーの搭載はありませんが、モバイルルーターでいえば、WX05やWX04が優れていることがわかります。

WiMAXルーターのサイズ・重さ・デザイン

WiMAXルーターのサイズですが、iPhone Xを参考に並べてみました。

モバイルルーターであるW06やWX05はiPhone Xなどのスマホと比べるとコンパクトですが、厚みがあります。

さらに、W06よりもWX05は一回り気持ち小さいので、バッグの小さいポケットにも入りやすいサイズですね。

ホームルーターであるL02はサイズはやはり少し大きいですが、基本的に持ち歩くことはありませんので、そこまで気にならないでしょう。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ・・スマホよりは小さいってことね!

デザインや色はご自身の好みでわかれるところですね。

W06はブラック×ブルーとホワイト×シルバー、WX05はソニックレッドとピュアホワイト、ここには載っていませんがホームルーターはホワイトの一色だけです。

うさぎくん
うさぎくん
どのWiMAXルーターもホワイトがあるのは女性にはうれしいね!

WiMAXルーターの口コミ評価

ここではWiMAX(ワイマックス)ルーターW06・WX05の口コミ評価をみてみましょう。ルーターごとに分けてご紹介します。

W06の口コミ評価

W06はまだ実際の使用感は多く出回っていませんが、通信速度はやはりそこそこ速いようです。

また、スマホやタブレット端末のロックがかかると接続が切れてしまう不具合がありましたが、2019年3月7日のアップデートで解消されたようです。

対して、このような意見も見受けられます。

W06の悪い口コミでは、最大通信速度(下り)1.2Gbpsが無線接続時にはできないことやクレードルがないということに関して、マイナス意見が多い印象です。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
みんなクレードルは欲しいんだね!

うさぎくん
うさぎくん
部屋に置く場合は見栄えもよくなるからね!

WX05の口コミ評価

WX05はスペックをみるとW06より最大速度は低いですが、受信感度が向上しているという点は評価が高かったです。

対して、WX05のマイナス評価としてこのような意見もありました。

WX05の口コミをみると、ファームウェア更新によって通信が途切れる不具合が発生していましたが、現在は新しいファームウェア更新によって改善されているようですね。

全ての利用者というわけではないようですが、通信が途切れるという方は最新のファームウェア更新を行ってみてください。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
えぇ~更新の意味。。

その他のL02やHOME 01といった口コミ評価については、こちらの記事を参考にしてみてください!

WiMAXの最新ルーターの機能と口コミ評価を解説!迷わずに機種を選べる!WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットが確認出来たら、WiMAXのルーターを選びましょう。 WiMAXは、基本的にモ...

WiMAXルーターの機能や特徴

WiMAX(ワイマックス)はルーターごとに機能や特徴に違いがあります。

W06の機能や特徴

W06の主な機能は以下の通りです。

W06の主な機能

  1. 高性能ハイモードアンテナ搭載・・受信感度が悪かった場所でも基地局からの電波を受信できる
  2. TXビームフォーミング機能対応・・スマホなどの接続端末を検知して無駄なく電波を飛ばす
  3. Wi-Fiお引越し機能・・今までのWi-Fi設定情報を引き継げる
  4. 通信量カウンターの通知機能・・上限を設定して、自動的に通信を停止・お知らせしてくれる
  5. クイックアクセスモード・・Wi-Fi接続機器と常時接続した状態にする
  6. リモート機能・・HUAWEI HiLinkアプリの操作でWi-Fiオフの状態から復帰させる

W06はW05であったNFC接続などがなくなりましたが、その分受信感度を向上させる機能が搭載されている印象です。

目玉としては高性能ハイモードアンテナが搭載されたことやTXビームフォーミング機能に対応したことといえるでしょう。

スペックだけではなく機能面も強化したW06ですが、より詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

WiMAXルーターW06のスペックや機能とは?デメリットもまとめました! 2019年1月25日よりWiMAX(ワイマックス)の最新ルーターW06が発売されました。 このW06は最大通信速度が1.2Gb...

WX05の機能や特徴

WX05の主な機能ですが以下の通りです。

WX05の主な機能

  1. WiMAXハイパワー対応・・受信状況が悪い場所でも通信品質を向上させる機能。
  2. Wi-Fiビジュアライザー搭載・・空いているチャンネルを探し変更することができるので、通信速度の向上が期待できる。
  3. 通信モードの自動切替・・設定したデータ量になると、自動的に通信をストップする通信量の上限設定機能に加えて、自動で設定した通信モードに切り替えができる。
  4. Wi-Fi設定お引越し機能・・今までのWi-Fi設定情報を引き継げる。
  5. クレードルの電波増強アンテナ・・クレードルにアンテナが搭載されていることで家での通信速度が向上する。また、TXビームフォーミング機能にも対応。

WX05の機能ですが、W06より受信感度が向上する機能が多いです。スペック面ではW06が優勢ですが、機能面ではWX05に分がある考えていいでしょう。

WX05の詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

WiMAXルーターWX05の機能や口コミ評価は?デメリットもまとめました! 2018年11月8日にWiMAX(ワイマックス)の最新モデルWX05が発売されました。 前モデルWX04と比べて、通信速度...

L02の機能や特徴

L02の主な機能については以下の通りです。

L02の主な機能

  1. 最大接続台数は40台・・有線LANは2台まで。
  2. 2.4GHzと5GHzの同時出力・・W06やWX05は同時には使えない。
  3. 4本の高感度アンテナ搭載・・受信感度の悪かった場所でも360度隅々まで電波を飛ばすことができる。TXビームフォーミング機能にも対応。
  4. Wi-Fi設定お引越し機能・・簡単に以前のルーターで接続していた機器との設定ができる機能。

L02はホームルーターとあって最大接続台数も多く、受信感度もかなり強力です。また、W06やWX05といったモバイルルーターではできない2.4GHzと5GHzの同時出力に対応しています。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ところで2.4GHzと5GHzって何が違うの?

うさぎくん
うさぎくん
電波には特性があるから、うまく使い分けると通信速度が向上するんだ。

周波数帯域には特徴があるのですが、ざっくりというとこの2つの周波数帯にはこのような特徴があります。

  • 2.4GHz・・・5GHzより速度は落ちるが、電波が回り込んで端末に届きやすい。電子レンジなど家電製品にも採用されている周波数帯なので電波の干渉を受けやすい。
  • 5GHz・・・2.4GHzより直進的で速い通信速度を実現できるが、壁や障害物を回り込むことはできない。家電などの電波の干渉は受けにくい。

例えば、このように使ってみてください。

L01sが置いてある部屋で接続する機器は、接続機器とL01sの間に障害物が少ないので5GHz帯で接続、隣の部屋にある接続機器は、壁があるので2.4GHz帯で接続するなど使い分けをしてみましょう。

それだけでも通信速度が全然違うと思います。

また、PS3などの少し古い接続機器は2.4GHz帯しか接続できないので、W06やWX05のように5GHzから切り替えたりしなくてもそのまま使えるわけですね。

これはW06やWX05などのモバイルルーターではできない機能なので、ぼくはかなり使える機能だと思います。

その他の機能に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください!

WiMAXホームルーターL02の評判は?機能や注意点もまとめました! 2019年1月25日に新しいWiMAXモデルのL02が発売されました。 W06やWX05といったモバイルルーターとは違い、L0...

WiMAX HOME 01の機能や特徴

WiMAX HOME 01の主な機能や特徴は以下のとおりです。

WiMAX HOME 01の主な機能

  1. 最大接続台数は22台・・有線LANは2台まで。
  2. 2.4GHzと5GHzの同時出力・・W06やWX05は同時には使えない。
  3. WiMAXハイパワーに対応・・受信状況が悪い場所でも通信品質を向上させる機能。
  4. ワイドレンジアンテナ搭載・・広い範囲で安定した通信ができる。また、ビームフォーミング機能にも対応。
  5. Wi-Fi設定お引越し機能・・簡単に以前のルーターで接続していた機器との設定ができる機能。

WiMAX HOME 01はL02ほど接続台数は多くありませんが、それでも十分な数の端末を同時に接続できます。

WX05と同様にWiMAXハイパワーに対応しており、L02と同じような受信感度が向上する高感度アンテナを搭載していますね。

WiMAX HOME 01の詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。

WiMAXホームルーターHOME 01の評判は?おすすめ機能をご紹介! 2018年12月7日にWiMAX(ワイマックス)の新しいホームルーターが発売されました。 NEC製としては初のホームルーターで...

まとめ

WiMAX(ワイマックス)ルーターの正しい選び方について、スペックや口コミ、機能や特徴などを比較しながら解説しました。

これらの情報をもとにおすすめとなるWiMAXルーターはこちらです。

  • 家だけで使う・・L02
  • 家でも外でも使う・・W06

家だけで使う場合は、L02がおすすめです。やはりホームルーターはモバイルルーターよりもコンセントから電源供給してるため送信出力が強いですし、実際にアップロードの速度差はモバイルルーターよりも明らかに速いです。

また、家だけでなく外でも使うという場合はW06であれば口コミ評価をみても安定した通信速度が期待できます。

ライバル機種のWX05はファームウェア更新による不具合が発生していますが、最新のファームウェアにしなければ比較的おすすめの機種です。

うさみくちゃん
うさみくちゃん
ふむふむ。最新機種がほとんどだね。

うさぎくん
うさぎくん
今回の最新機種はどれも評価が高いからね!デザインで決めるのも一つかもね!

WiMAXルーターが決まった方は、20社以上あるWiMAXプロバイダの中でも、おすすめのプロバイダをまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください!

WiMAXおすすめプロバイダ5選比較!|2019年11月版WiMAX(ワイマックス)のメリットやデメリットを確認したら、いよいよWiMAXの申し込みですね。 WiMAXは、サービス元の...